強化ガラスの謎を解く!

 decoding

同じガラスなのに、納期も割れ方も違うのはナゼ?

2024.03.27

同じガラスなのに、納期や割れ方が違うのはナゼ?

フロート板ガラスと強化ガラスは、納期や割れ方、製作後の加工など、透明なガラスなのに違います。
なぜ違うのでしょうか?

強化ガラス

【強化ガラスの強み】

  • フロート板ガラスの4倍程度の強度
  • 破片が細粒状
  • 破片を触っても怪我をしない
  • 熱に対しての耐性も高い

【強化ガラスの弱み】

  • フロート板ガラスに比べ納期がかかる
  • フロート板ガラスに比べ高い
  • 商品製作後に、再加工、面取り、サイズ変更はできない

強化ガラスができるまで

強化ガラスは、フロート板ガラスに比べて製造・製作にお時間をいただいております。
どうして時間がかかるのか・・・
≪強化の製造方法≫
フロート板ガラスを切断し、切断面加工した後、加熱炉で約650℃まで焼いて冷却炉で冷やします。
まず表面が先に固化し、後に内側が冷えて収縮する為、表面に安定した圧縮応力層ができ、衝撃に対する強度がフロート板ガラスの4倍程度強化されます。

フロート板ガラスは、ご注文を受けてから、切断・加工にすぐにとりかかれますが、強化ガラスは、ご注文を受けてから様々な工程を経て、完成となる為、
お時間をいただいております。


強化ガラスの切断面加工や再加工について

強化ガラスは上記の様に切断・加工後に強化炉に入れ製造していくので、
製品を作成してしまうと、その後の加工や切断加工などは出来ません。もし、しようとしたら・・・粉々に割れてしまいます。
強化ガラスをご注文する際は、正確な寸法、加工の種類をお伝えください!


まとめ

強化ガラスの【強み】と【弱み】をご紹介しました。
同じガラスなのに・・・と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、強化ガラスの製造方法を知っていただければ納得いただけると思います。

ガラスの特性を理解して、適切なガラス選びをしてくださいね!

■強化ガラスを割ってみたり、強化ガラスについて詳しく書いていますので、下の画像をクリックして記事をチェックしてみて下さい☟


『ガラスのデパート』で今すぐガラスのプロに無料相談!

色々ネットで探しても、本当にこのガラスの種類でいいのか分からない・・・正確なサイズの測り方が分からない・・・という方も多いのではないでしょうか?
そんなときは私たちガラスのデパートにご相談ください!


ガラスのデパートなら、ガラスのプロが対応するので不安やお悩みを即解消!

  • 創業110年のガラス専業店が運営
  • 【厚生労働大臣賞現代の名工】【ガラス技能グランプリ金賞】受賞者在籍
  • 著名美術館や大型物件の施工も手掛ける安心の実績

まずはお電話かメールLINEからご相談ください!

以下の利用可能なクーポンをお選びください。